老猫の便秘にサプリは役に立つ?便秘の症状や原因と対策についてご紹介

飼っている猫が15歳以上になると、人間のおじいちゃんやおばあちゃんと同じくらいの年齢になります。そうなると、体調管理に色々と気を付けなければならない点がたくさん出てくるでしょう。大切な愛猫の様子がおかしくなった時にうろたえてしまわないためにも、詳しい原因と対策について知っておくべきです。老猫の便秘が気になるという人は、参考にしてください。

こんな症状が出たら便秘かも?要注意の猫の行動について

これまできちんと猫を飼い続けてきた人であれば、体調管理にも気を配る習慣がついているでしょう。猫の様子や行動から、異変を察知するのも飼い始めた頃よりは早いはずです。しかし老猫は普通の成猫と違って体力が無い場合が多く、異変が見つかった後すぐに体調を崩してしまいやすいです。そのため、怪我や病気だった時は早めに気が付いて対処できるようにしましょう。異変の発見が遅れてしまうと、症状が悪くなったり別の病気になったりして、大変な事になってしまう事がよくあります。しかし便秘は、日常の中でよく聞く症状であるため、見過ごしてしまう事が多いです。思い込みで健康・不健康を決めつけてしまわないように、普段から気を付けておく必要があるでしょう。

便秘になった時の症状は、他の病気に比べると比較的分かりやすいものばかりです。きちんと見ていれば、早い時期に気が付きやすいので、毎日の健康チェックは欠かさないようにしましょう。例を挙げると、トイレで排泄する回数が少なくなったという場合や、まったく排泄しなくなった場合がそうです。そういった行動は、便秘になっている証拠である事が多いです。他にもお腹に触れられるのを嫌がったり、食欲がなくなりあまりご飯を食べなくなったりする事も、便秘の時にはよくあります。ただし、嘔吐をしたりした場合は要注意です。他の病気も発症している可能性がありますし、想像するよりも症状が重い場合があります。自分で安易に判断せずに、猫の具合が悪いと思ったら、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

しかし、見落としがちなのが、きちんと毎日排便している猫の状態です。毎日しっかりうんちを出しているため、健康だと思い込みやすいのですがそうではない可能性があるため、必ず毎回便の量をチェックしてください。水っぽかったりしないか、下痢をしていないか、コロコロとした小さな便になっていないかという点に気を付けてください。食べた量に比べてあきらかに便の方が少ない場合は要注意です。お腹のなかに便が溜まっている場合があります。排泄の片付けは必ず毎日するため、確認の手間は少なくすむでしょう。

老猫が便秘になる原因とは?こんな事には要注意

便秘になるのは、猫がよくしている仕草が原因となっている事があります。それは猫がよく自分の体を舐めて行っている、毛づくろいの事です。その時に一緒に飲み込んでしまった体毛が胃の中で固まって毛玉となり、食べ物の消化を阻害してしまう事がよくあるのです。猫を飼っている人は、毛玉のかたまりを吐き出した場面を見てびっくりしたという人も多いでしょう。毛玉にかぎらず、小さな玩具や小物なのも不意に飲み込んでしまう事があります。すぐに吐き出してくれるのならば良いですが、身の回りから小さな物がなくなっていて便秘となっている場合は、誤飲の可能性を考えるべきです。

それとは別に水分不足や運動不足が原因だったりする場合があります。水分が少ないドライフードを食べている場合は、湿っているウェットフードを食べている猫より、便秘になる可能性が少しだけ高くなります。夏場の熱い時期なども、水分不足になりがちです。しかしいくら気を付けていても、どれだけ便が出なかったら便秘になるのか分からないという人もいるでしょう。通常、健康な猫の場合は一日一回、排便をします。それが二日続けて出なかった場合は、注意する必要がありますし、三日連続で排便の気配が無いならば、病院で診察させる事を考えた方が良いかもしれません。

便秘にならない対策について!ちょっとの注意で予防できます

便秘になってから、あれこれ悩むのは大変でしょう。一番良いのは体調を悪くさせる原因を防ぐ事です。物を放置する癖のある人は、猫の手が届く範囲に猫が誤飲しそうな物を置いていないか、確認してみると良いでしょう。また水分不足にさせたくないと言う人は、餌を変えてウェットフードを試してみるのも一つの方法かもしれません。運動不足だった場合は、無理をしない範囲で遊ばせてあげましょう。いずれの方法もちょっと気を付けるだけの事で、簡単に出来る行動ばかりであるため、もしもの時に慌てないように対策しておきましょう。

便秘解消で、猫にサプリメントを与えると言うのも一つの方法です。安心できる業者を探す必要があったり、猫の体質にあうものを見つける必要はありますが、猫が餌を食べてくれなくて必要な栄養をとれないという時は、有効でしょう。お腹の調子が悪い猫には、腸内環境を整えたりするものがあったり、便を柔らかくするものがあったりします。様々な種類があるので、目的にみあったサプリメントを選ぶと良いです。いつもと違うものを口にしてくれるか分からないという人でも、餌に混ぜる事ができる粉末状の物や、無味無臭の物などもあるので、利用しやすいです。しかし、過去にお医者さんから薬を貰っていたり、病気を治療しているで猫を飼っている場合は注意する必要があります。思い込みで猫にサプリメントを摂取させる前に、一度症状を相談してみてから購入するのが重要です。

猫によっては難しいかもしれませんが、便秘解消にはマッサージをするのも有効な方法です。便秘になっている猫は、はっているお腹を触られるのを嫌がる事が多いですが、適切なマッサージを行えば調の動きが活性化して、排便に繋がる事もあります。しかしきちんとした知識が無い人がやると体調悪化に繋がりかねないので、詳しくないという人はやめておきましょう。便秘の時に行うマッサージはあくまでも、対処法であるため原因を見つけて取り除く事が一番です。これといった原因に心当たりがないという場合は、重大な病気である可能性も考えてすぐに、お医者さんや専門家に相談するべきでしょう。